結婚指輪 Archives | 婚約指輪を手作りしてみる?

HOME » 結婚指輪

結婚指輪

挙式にリングピローは必須?

結婚指輪の交換を予定しているのなら用意はしよう

挙式で結婚指輪の交換を希望しているのなら、リングピローは用意しておいた方が良いでしょう。
リングピローとは、小さいクッション状のもの。直訳すると「指輪の枕」です。式でかわされる「指輪交換」時に使うアイテムとなっており、メインイベントには欠かせないアイテムとなっています。ただ最近は、リングピローを敢えて利用しない夫婦も増えてきました。結婚式もコスパが重視されており、強いこだわりを持たない人も少なくありません。最終的にどうするかは、本人達の自由です。しかし一生に一度の結婚式と考えると、寂しいものがあります。
≫ 『挙式にリングピローは必須?』

結婚指輪の素材人気!トップはプラチナで次世代は?

不動トップのプラチナ

結婚指輪の人気素材。不動のトップを維持しているのは、間違いなくプラチナです。取り扱っている結婚指輪の種類は、店によりけりです。しかしプラチナに関して言えば、どこのお店でも取り扱いはあります。
プラチナはレアメタルの一種。指輪の他に、スマホなどの精密機器にも使われています。変色に強く、指輪をしたまま温泉に入っても問題なし。見た目はまさしく「純白の花嫁」そのもの。見た目も美しく実用性も高いプラチナ。不動のトップにふさわしい素材と言えるでしょう。
≫ 『結婚指輪の素材人気!トップはプラチナで次世代は?』

結婚指輪が変形してしまったら?

結婚指輪が変形したら外す!

結婚指輪が大きく変形してしまい、今まさにどうして良いのか困っている状態に陥っていることでしょう。指輪として機能している状態にあるのなら、左手薬指につけているかと存じます。まずは外してください。そして専用のリングケースに入れて、保管しましょう。
「結婚指輪を外す」という行為を第三者から支持されるのは、屈辱以外の何者でもありません。しかし、変形した状態の指輪を使い続けると取り返しのつかないことになります。最悪、指輪が外れなくなる事態に。指輪は確かに大切なものですが、ご自分の体も大切です。
≫ 『結婚指輪が変形してしまったら?』

注意!結婚指輪を紛失しない方法

結婚指輪の紛失だけは避けたい

手にした結婚指輪は、短く見積もっても死がふたりを別つまで手元にとっておきたいもの。しかし、中には難しい場合があるのも事実です。実際に結婚指輪を紛失し、泣きを見ている方は少なくありません。紛失してしまった人の多くは、普段から結婚指輪をしっかり管理しているにも関わらずです。
紛失すれば保証してくれるブランドもあるにはありますが、全てのブランドに当てはまっている訳では、ございません。紛失リスクを少しでも減らし、未来永劫ずっと手元に大切な指輪を持っておきましょう。
≫ 『注意!結婚指輪を紛失しない方法』

結婚指輪の選び方

結婚指輪選びは一発勝負!失敗は許されない

大変残念な話になりますが、結婚指輪の返品はできません。デザインが気に入らなかった・サイズが違うものだったなどの理由があったとしても、店側は首を縦に振ることはないでしょう。
つまり一度選んだ結婚指輪は、余程のことがない限りは一生涯付き合うことになります。そこで後で困ったことにならないために、結婚指輪の選び方についてご紹介します。
≫ 『結婚指輪の選び方』

結婚指輪は有名ブランドだけではない!無名ブランドもおすすめ

有名ブランドも悪くないけど…

結婚指輪を探す上で、最初に目がゆくのは有名ブランドでしょう。有名ブランドで取り扱われている結婚指輪は、世界トップレベルの職人が生み出した最高芸術品。しかも「有名ブランド」という冠もあるので、万が一の失敗もありません。
ただ一生に一度の結婚指輪を選ぶ際に、有名ブランド“だけ”を見るのは勿体ない話。無名ブランドの結婚指輪を取り扱っており、中には有名ブランド以上のクオリティを誇るところも少なくないのです。

≫ 『結婚指輪は有名ブランドだけではない!無名ブランドもおすすめ』

手作り結婚指輪で後悔!予防策は?

残念なことに多い後悔の結婚指輪

結婚指輪を夫婦で手作りするのは、尊いものです。素敵な思い出にもなり、本当の意味で世界に1つだけの指輪になるでしょう。結婚指輪の手作りを検討している方も、大勢いらっしゃるかとおもいます。
しかしSNSや指輪のレビューサイトを覗くと「結婚指輪を手作りして後悔した」と、いう声があるのも事実。素敵な指輪になるはずだったのに、なぜ後悔してしまったのでしょうか。後悔しないための対策方法も、まとめました。
≫ 『手作り結婚指輪で後悔!予防策は?』

2人で10万!?結婚指輪を安く入手する方法教えます

20万円〜30万円の結婚指輪が10万円で!?

「結婚指輪は2人で10万」と行きたいところですが、意外と難しいものです。ブランドの結婚指輪の場合、1つで12万円〜15万円はかかります。2人でだと20万円〜30万円はかかるでしょう。高級海外ブランドになったら、100万円の結婚指輪も珍しくありません。桁が多いです。
しかし工夫をすれば「結婚指輪2人で10万」は、実現可能です。
≫ 『2人で10万!?結婚指輪を安く入手する方法教えます』

頑丈で安全な素材!チタン

チタンとは?

チタンは、他の素材と比べると比較的歴史は新しい方になります。結婚指輪の素材として人気が高いプラチナは、3000年前には既に使われていました。銅は6000年・鉄は4000年前です。
チタンが発見されたのは、1790年になってからのこと。チタンが製品として扱われるようになったのが、戦後になってから。つまり歴史は70年と、超新参者です。超新参者のチタンは、人類の助けとなり縦横無尽に大活躍。宇宙開発にも欠かせない、素材でもあります。もちろん、結婚指輪の素材としても人気がたかまりつつあります。
≫ 『頑丈で安全な素材!チタン』

給料3ヶ月分の結婚指輪?シビアな結婚指輪

結婚指輪の相場は?

結婚指輪の相場は、月給の3ヶ月分といわれています。サラリーマンの月給平均が35万といわれているので、指輪の相場は105万円あたりでしょう。しかし結婚指輪の相場は、30万〜20万と言われています。およそ月給とほぼ同じ。わりとシビアに考えている方が少なくありません。
ではなぜ、結婚指輪の相場はシビアになっているのでしょうか。分析してみました。
≫ 『給料3ヶ月分の結婚指輪?シビアな結婚指輪』