結婚指輪 Archives | 婚約指輪を手作りしてみる?

HOME » 結婚指輪

結婚指輪

婚約指輪を手作りにしてみよう!

婚約指輪も手作りできる!

婚約指輪も、手作りできます。小学生の工作のようなクオリティではなく、ジュエリーショップで並んでいるような超本格的な婚約指輪です。
本格的な婚約指輪は、専門の工房や店で用意することが可能。鋳造を取り入れているところならば、納期までに1ヶ月〜3ヶ月。鍛造を取り入れているところならば、即日持ち帰りができます。
≫ 『婚約指輪を手作りにしてみよう!』

プロポーズ・ミッション

プロポーズ成功の秘訣!

結婚を考えている相手にプロポーズ。人生を大きく変える、最大のイベントです。高級なホテルのレストランで、ロマンチックなピアノをバックミュージックにプロポーズは、まさに映画の世界です。
しかし恋愛映画のようのシチュエーションでプロポーズをしても、必ず成功するとは限りません。少しコツをつかめば、街外れの誰もいない駐車場でのプロポーズも成功となるでしょう。
≫ 『プロポーズ・ミッション』

人生一世一代の大博打イベント!プロポーズ

婚約指輪を用意しよう!

結婚指輪を用意するために、まず準備すべきは婚約指輪でしょう。プロポーズ作戦を成功させない限りは、次に進むことはできません。
プロポーズ成功の鍵を握るのは、婚約指輪。婚約指輪を思い切って、手作りにしてみてはいかがでしょうか。
≫ 『人生一世一代の大博打イベント!プロポーズ』

婚約指輪も手作りをする人が増えている

手作りできるのは結婚指輪だけではない

指輪を手作りすると聞くと、やはり真っ先に思い浮かぶのが結婚指輪でしょう。
しかし、工房では指輪の使用用途を限定しているわけではないので、婚約指輪であっても手作りすることはできますし、普段使いの指輪であっても手作りすることは可能です。

普段使いの指輪を手作りすることは少ないですが、婚約指輪は近年手作りする人が増えているのです。
婚約指輪も思い出に残る品物なので、手作りをした方が渡される女性も自分のために作ってくれたと思いますし、この世に1つしかない指輪になるため、よりもらったときのうれしさも高くなるでしょう。

ただし、結婚指輪は2人で手作りをするのが一般的ですが、婚約指輪は男性が1人で手作りをすることになるので、事前にしっかりと情報収集を行う必要があります。
また、女性の指のサイズや、どのようなデザインが好みなのかも事前に知っておかないといけません。
≫ 『婚約指輪も手作りをする人が増えている』

5ミリ幅の結婚指輪に似合う婚約指輪を作ろう

重ね付けを想定した婚約指輪作り

婚約指輪を作るとき、単体での見栄えの良さや高級感のほか、結婚指輪との重ね付けもよく意識されます。
2つの指輪をつければ高級感や見栄えがよく、パーティなどの席によく似合うことでしょう。
すでに結婚指輪を大きめにする、たとえば幅を5ミリにするなどと決めている場合、それに似合う婚約指輪を作ると、重ね付けしたときにもっときれいに映えます。
大ぶりの結婚指輪を作ると決めている方は、そこから婚約指輪のデザインを逆算するのもおすすめです。
≫ 『5ミリ幅の結婚指輪に似合う婚約指輪を作ろう』

四角いダイヤモンドが特徴の結婚指輪

結婚指輪に四角いダイヤモンドを選ぶ

結婚指輪に何か自分らしい要素、オリジナリティな要素を加えたいという人も少なくありません。
結婚指輪自体もリングの素材や形状、宝石の付け方、刻印の打ち方などをアレンジして自分の中で考えているあらゆるデザインにするすることが可能です。

そのデザイン性の1つとして、ダイヤモンドの形を四角いものにするという方法があります。
四角いダイヤモンドというのは少ないようで、意外にも多くの店舗でみかけることができます。

デザイン性に拘っている指輪が多く、独特な雰囲気もあります。
また、ダイヤモンドのはめ込み方も埋め込み式と爪で抑えているタイプのものがありますが、光の具合によってダイヤモンドの輝きが違うこと顕著に確認することができます。

埋め込み式であれば、ダイヤモンドが枠の中に埋め込んでありますので、横からの光が入りずらく光の反射も弱いですが、爪のタイプであれば、光がどの角度からも入りますので光の反射も強いです。
四角で角がありますので、それぞれの角度から光具合を楽しむことができますし、光方も個性的ですので特別感を出すこともできるでしょう。

≫ 『四角いダイヤモンドが特徴の結婚指輪』

40代で結婚指輪を作るなら

オリジナル結婚指輪がブーム

近頃結婚情報誌や結婚情報サイトを読んでいると20代・30代の若いカップルはもちろん、40代のカップルも結婚指輪を手作りすることが多いそうです。

手作り結婚指輪を選ぶメリットは何と言っても世界にひとつしかないオリジナルの結婚指輪を作れるところにありますが、そういった意味ではもうひとつオーダーメイドという選択肢もあります。

40代だとある程度経済力も安定しているため、好きなやり方を選ぶほうがいいでしょう。

≫ 『40代で結婚指輪を作るなら』

結婚指輪にトレンドはない?結婚指輪の選び方

結婚指輪にトレンドはない

結婚指輪にトレンドらしいトレンドはありません。

結婚指輪といえば婚約が決まってから買うもので、多くの人は婚約を意識しない限り、調べることがないものです。

もし結婚指輪に詳しいという人がいれば、それは幼いころから結婚式や結婚指輪にあこがれを持って、どんな指輪が欲しいか具体的にイメージしていた人でしょう。

なので結婚指輪のトレンドを意識して買う人は珍しいです。

さらに結婚指輪は、何年もつけ続けることを想定して買うものです。

トレンドの指輪を買ってしまうと、トレンドが終わってから身につけづらくなるといった難点もあります。

このため結婚指輪は長い間使い続けられるシンプルなものが気に入られます。

人気の結婚指輪に共通しているもの

だからといってみんなが買う結婚指輪がそれぞれ違うということもありません。

やはり気に入られる定番というものは存在します。
≫ 『結婚指輪にトレンドはない?結婚指輪の選び方』

結婚指輪購入口コミ「指に結婚している証があればいい」

1.性別

男性

2.購入時の年齢

30代

3.現在、結婚何年目ですか?

結婚14年目

4.購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

3万円

5.お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

給与3か月分の予算はとても出せなかったので比較的安いもの、そして長く付け続けるものだと思っているのでシンプルで飽きのこないデザインを選びました。

色は絶対シルバーにしたいと思っていました。

ブランドや金属種に拘りはありませんでした。

ブランドもよく知りませんし。

シンプルとは言いつつ、少しは「違い」があってもいいかなと思ったので邪魔しない程度にウエーブ柄が入っています。

指輪の内側には結婚記念日とイニシャルが掘ってあります。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「指に結婚している証があればいい」』